「元気」「勇気」「笑顔」 輝け!!BRIGHTS  

チアリーディング部のあゆみ

  • HOME »
  • チアリーディング部のあゆみ
全日本高等学校選手権大会を終えて

全日本高等学校選手権大会を終えて

「応援サークルから競技者へ」

国士舘高等学校チアリーディング部は、「応援・サークル21」として、各運動部の応援活動をおこなう同好会としてスタートしました。当初の応援活動から、11月におこなわれる文化祭で演技を発表することを目標に、スタンツの練習を取り入れるようになりました。

チアリーディングの技術を学び体験するにつれて、さらに上を目指す気持ちが芽生えました。「もっとチアを知りたい」「もっと上手くなりたい」との想いから、2011年に「部」に昇格したことをきっかけに、競技会に出場することを目標として再出発をしました。

2014年、ついに日本チアリーディング協会に加盟することができました。すると、一気に世界が広がりました。チアリーディングにかかわる方々は、ほぼ初心者の私たちを温かくむかいいれてくれ、貴重なアドバイスをたくさんいただきました。しかし、同時に悔しいという感情も持ちました。ワンデークリニックや練習会などに参加すると、自分たちの未熟さを嫌というほど思い知ることになったからです。

しかし、日本チアリーディング協会に加盟させていただいた以上、目標と掲げていた「競技会への出場」のため、下を向いてばかりはいられません。部員一丸となって情熱的に練習を重ね、「第16回 関東チアリーディング選手権大会」に競技者として初めて参加をしました。結果は、ともかくとして、国立代々木第一体育館の、あの「青マット」で演技をした。このことは、皆にとって良い思い出になりました。

こうして、当初の目的を達成すると、欲が出てきます。「関東大会」や「高校選手権」といった高校生の出場する大会で、準決勝に進出したい。特に、「関東大会」は、準決勝かフライデートーナメントに進まないと、8月におこなわれる「Japan Cup」に出場することができないため、これに勝ち抜きたい。部員たちの心も一つとなり目標が定まりました。

2015年・2016年ともに、「関東チアリーディング選手権大会」「全日本高等学校チアリーディング選手権大会」などの大会に出場しました。2016年12月。ついにその時がやってきました。BRIGHTSは「第27回 全日本高等学校チアリーディング選手権大会」において予選を突破して準決勝に進出しましたはじめて代々木で2日続けての演技をおこないました。目標に向かって努力をして、結果が出た時の達成感は最高でした。

しかし、予選を突破したといってもギリギリのラインでしたし、技の難易度も完成度もまだまだでした。これにおごることなく、予選突破の常連校となれるように努力を続けていきます。さらなる高みを目指すには、チアリーディングの技術だけではなく人間性が重要です。常日頃からの「あいさつ」などの生活態度から見直し、真のチアリーダーとなり、全国の舞台で毎回活躍できるように今後も活動していきます。

野球部の応援活動です。野球部・吹奏楽部・チアが一体になりました。

野球部の応援活動です。野球部・吹奏楽部・チアが一体になりました。

「応援活動」

競技会以外では、チアリーディング部の原点である、各運動部の応援活動も大切にしています。

野球部の応援では、野球部・吹奏楽部と協働する経験は、競技会やイベントではできない活動です。

他の部とのコラボレーションにより球場全体を盛り上げ、野球部の勝利に貢献したいと考えています。

八王子でおこなわれた、ふれあい運動会に参加しました。

八王子でおこなわれた、ふれあい運動会に参加しました。

「イベント」

イベントへの出演は、まずは何といっても文化祭です。本校の文化祭は「秋楓祭(しゅうふうさい)」といい、11月2日・3日に行われます。両日ともにアリーナで20~30分程度の演技をおこないます。

また、今年度は初めて体育祭で演技をさせていただきました。なかなか皆さんに見ていただく機会のない競技会用の演技を披露させていただきました。実現してくださった関係の先生方・生徒の皆さんに感謝です。

その他は、八王子市で開かれる「ふれあい運動会」など、お声掛けをいただいたイベントに出演させていただいております。これら学外の方々とコミュニケーションをとる機会を大切にし、部員一人ひとりが成長できるように活動しています。

体験・見学等お問い合わせ下さい

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.