10月も中旬となり、秋らしくなってまいりました。

国士舘高校チアリーディング部BRIGHTSは、夏合宿以降も基礎的な練習を中心に活動してまいりました。エレベータやエクステンションは複数基でもきれいにあげられるようになり、タンブリングもバク転ができるレベルに数人が達しました。

しかし・・・まだまだです。

1月27日(土)には、高校選手権があり、11月には文化祭や学校説明会での演技があります。春先の失敗を糧に、「魅せる」演技をおこないたい。安心して見られる「揺れない」「きれいな」演技をしていきたいと考えています。

パートナースタンツでは、リバティーやスイッチなど1基であればきれいな演技ができます。バックフィリップなどのバスケットトスや2-2-1などのピラミッドも1基であれば安定した演技ができます。しかし、複数基で同調性を意識したうえで「揺れない」「きれいな」演技を・・・となるとまだまだ努力が必要です。

タンブリングにしても、バク転を成功させることが目標ではなく、ロンバク・シリーズを演技に組み込むことが目標です。

大会や文化祭などの本番に技を成功させるために、ここはこだわっていきたいところです。あまり時間はありませんが、部員の主体性・積極性に期待して、詰めていきます。